クリープハイプ愛すMVメイビーベイビーの歌詞の意味は?ビュオザ=世界観か?

スポンサーリンク

クリープハイプ×AC部の愛すMVメイビーベイビーの歌詞の意味は?ビュオザ=世界観か?という記事を紹介します。

クリープハイプというバンドをご存知でしょうか。

尾崎世界観さんと言えば聞いたことはあるかもしれませんね。

そのクリープハイプが出した「愛す」という曲のMVが謎&意味不明と話題です。

クリープハイプ×AC部の「ベイビーメイビー」は何回観ても意味がわからないという人まで出ています。

ハイティーンとビュオザのMVメイビーダーリンとは?

チーズエネルギー?とは

 

スポンサーリンク

クリープハイプ×AC部の愛す

 

クリープハイプは2001年に結成され、メンバーの入れ替え等があり、

2009年に今のメンバーになりました。

その後2012年にメジャーデビュー。

1stシングル「おやすみ泣き声、さよなら歌姫」は、

週間オリコンチャートで初登場7位にランクインする快挙でした。

 

その後も映画やアニメの主題歌、CMとのタイアップなどで次々とヒットします。

クリープハイプの特徴は尾崎世界観さんの作る独特の歌詞と、ハイトーンボイス

その独特のワールドでライブ会場では泣き出す女性ファンもいます。

 

今回のオリジナルシングルは

2017年4月の「イト」以来およそ2年9カ月ぶりのリリースです。

「イト」は菅田将暉さん演映画『帝一の國』の主題歌でした。

 

 

クリープハイプ 愛す(ブス)のMVはAC部

クリープハイプのMVは「AC部」という所が作成しています。

AC部とは

AC部は、1999年に結成されたテレビ番組やCMを制作するユニットです。

メンバーはいずれも多摩美術大学出身の

安達亨さん

板倉俊介さん

 

 

作風は「違和感を感じる作品」を目指しており、シュールかつアバンギャルドなものが多く、わざとアニメーション作画を荒くしたり、デッサンを意図的に崩したりすることが多いです。

 

AC部とクリープハイプは以前NHKのみんなのうたで、「おばけでいいからはやくきて」でコラボしています。

 

この時もアニメと歌詞がズレています。

子供向けの番組のはずなのに、でもこれは意図的なんです。

 

元々が子供向けの歌ではないので、この歌をどう子供向けにするかをアニメで表現していて、そこにプラス違和感をのっけた感じになったのではないでしょうか。

この歌とアニメで色々な背景を想像できるようにしたのでは?

うーん。本当の意味は分かりませんが。

そんな気がするアニメーションでした。

 

それを踏まえての「愛す」のMVです。

 

スポンサーリンク

MVメイビーベイビーが謎&意味不明!ビュオザ=世界観か?

 

MVはこちら

いやあスゴイ!

これはまったく意味が分かりません。

歌詞が入ってきませんね。

字幕に歌詞の一部を入れるから余計に訳が分かりません。

考察してみます。

 

 愛す 歌詞の意味とMVの意味は

歌とMVが全くつながらないので、歌詞の意味とMVの意味を分けて考察します。

 

歌詞の意味

まず歌詞の意味ですね。

愛すと書いてブスと読む。

ここから難しいです。

この歌自体は、失恋ソングで、

彼女と別れた後に「ああ、失敗したな」と思い、

過去を振り返っているような感じですね。

 

この中で愛すというのをブスと読む箇所はありません。

重複はありますが、2箇所だけですね。

「逆にもうブスとしか言えないくらい愛しい」

「いつもほらブスとか言って素直になれなくて」

そして、両方とも後に、「言えなかった」と来ます。

 

では逆に、このブスを愛すに変えてみましょう、

愛すだとちょっと分かりにくいので、

「愛してる」に変えてみます。

逆にもう「愛してる」としか言えないくらい愛しい それも言えなかった

いつもほら「愛してる」とか言って素直になれなくて ちゃんと言えなかった

 

この愛してるは軽い感じの愛してる~みたいな感じなのでしょうか。

なんとなくわかるような感じがします。

あくまで個人的な考察ですが。

 

それではMVの意味を考えます。

 

MVの意味

 

このMVは歌詞とはほとんど関係ないですね。

MVは独自のストーリーで進んでいってます。

そのストーリーの中の字幕で歌詞をつまんで使っているようです。

 

かろうじて恋愛要素があるので、少し被るところを見せていますが、

これがAC部の遊び心と主張になっています。

 

ラブSF「ベイビーメイビー」のストーリーは

 

ヒロインの名前は「ハイティーン」

美味しいチーズをつくるおじいさんと暮らしています。

そこへチーズを狙いに強盗がバスで現れます。

 

バスには「強盗募集中」の文字が(笑)

 

数年後女子高生になったハイティーンはビュオザ・ワルドという男子高校生に恋をします。

このビュオザ・ワルドはview of the world=世界観

その後ハイティーンは財産に目がくらみ結婚。

しかしうまく行かず離婚します。

最後はネズミオンに乗り、月に行ってチーズを獲り、戻ってくる途中で時間が捻じれてビュオ君と再会しますが、ビュオ君は一番最初のおじいさんになっていました。

 

というストーリー。

歌詞とは全く関係ないですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

クリープハイプ×AC部の愛すMVの歌詞とアニメの意味をまとめました。

メイビーベイビーは謎で意味不明ですね。

ビュオザワールド=(尾崎)世界観と取れるような気もしますが・・・。

このMVで言いたかったのは、

財産目当ての結婚はダメ。

1つの事に頼ってはダメで将来をよく見ましょう。

という事でしょうか。(笑)

 

これは人によってとらえ方が異なりますね。

何回も見るとまた違った事が分かるかもしれません。

 

一応、ネットの反応も見てみました。

ネットの声

 

以上、クリープハイプ×AC部の愛すMVメイビーベイビーが謎&意味不明!ビュオザ=世界観か?の記事でした。