浅茅陽子のエバラ焼き肉のたれのCMとベジタリアンの関係は?降板騒動の真相

スポンサーリンク

過去にある発言でテレビCMの降板を噂されたのではという事がありました。

女優の名前は浅茅陽子さん。

エバラ焼肉のたれのCMを覚えている方も多いでしょう。

このCMに長年出演していた浅茅さんですが、ある発言をしてしまいます。

浅茅陽子のエバラ焼き肉のたれのCMとベジタリアンの関係をまとめました。

 

スポンサーリンク

エバラ焼き肉のたれのCM

浅茅陽子さんはエバラ食品のCMを1986年から務めます。

このCMは大変好評で、主婦役の浅茅さんが「エバラでございます」のセリフも有名です。


1987年には全日本CMフェスティバルテレビCM部門優秀賞を受賞します。

浅茅陽子さんは、エバラ食品工業のCMの顔となり、

「ステーキソース」「浅漬けの素」と焼き肉のたれ以外にも続編で出演します。

 

映画 エバラ家の人々

 

さらに、映画「エバラ家の人々」という映画にも出演。

もちろん主演を務めました。

 

キャスト

浅茅陽子

神田正輝

志垣太郎

角野卓造

北村総一郎
エバラ食品=浅茅陽子さんという位イメージが強い印象でしたが、

この翌年に浅茅さんはCMを降板します。

 

現在は別の俳優さん(相葉雅紀さん)がCMしています。

 

浅茅陽子さんの降板はある発言が原因と言われています。

 

スポンサーリンク

浅茅陽子 ベジタリアン発言

 

浅茅陽子さんはエバラ家の人々を公開した翌年頃から、動物愛護者であり、菜食主義者(ベジタリアン)だと、雑誌などで公言し始めました。

 

浅茅陽子さんは、元々はベジタリアンではなく肉も食べていたようです。

過去に出版した料理の本にも、肉料理のレシピが掲載されています。

しかしその後、動物愛護の運動を始めて、肉が食べられなくなったのだという話もしていました。

雑誌でベジタリアンを公言していた浅茅さんですが、ついにテレビ番組「徹子の部屋」でもその事を話し、放送されました。

 

その後すぐにスポーツ紙で報道され、

ベジタリアンの浅茅は、撮影の焼き肉パーティーで、肉を口に入れても、あとで吐き出す涙ぐましい苦労をしている

と話していた。と掲載されてしまいました。

 

これにエバラ食品がすぐに反応し、

菜食主義になったと知って驚いています。
事実だとするとあまり歓迎できる話ではない。
社内で批判の声が出ているのも事実。

とコメントを出します。

 

浅茅陽子さんの事務所もすぐに、ベジタリアンではありません。すき焼きは大好物と発表しますが、もう時すでに遅し。

この後、浅茅陽子さんはCMを降板しました。

 

 

浅茅陽子はNHK「なつぞら」などにも出演

 

氏名:浅茅 陽子(あさぢ ようこ)

生年月日: 1951年4月2日 –

出身:静岡県清水市

学歴:桐朋学園短期大学部卒業

身長:160cm

趣味:ビーズアクセサリー作り、料理、着物、園芸

特技:エアロビクス ゴルフ

1976年、NHK朝の連続テレビ小説 『雲のじゅうたん』 のヒロインで人気になります。

東北弁を使う役であったことから、「ヘバちゃん」のニックネームで親しまれた。

1977年 エランドール新人賞受賞。

1986年 エバラ食品のCM開始

1991年 映画エバラ家の人々 公開

 

その後も、テレビドラマを中心に、映画、舞台にも順調に出演しています。

NHK連続テレビ小説には、「雲のじゅうたん」以後、「おしん」「おひさま」「なつぞら」と出演。

 

スポンサーリンク

まとめ

浅茅陽子のエバラ焼き肉のたれのCMとベジタリアンの関係などを紹介しました。

もともと焼肉も好きで種ていた浅茅陽子さんでしたが、動物愛護の活動を始めベジタリアンになったとの事です。

テレビでそれを公言したためにCM降板騒動となってしまいました。

ベジタリアンが焼肉のCmに出演は少し違和感が出てしまいますね。

ある意味仕方がないのかもしれません。

以上、浅茅陽子のエバラ焼き肉のたれのCMとベジタリアンの関係は?降板騒動の真相の記事でした。