横溝春雄(リリエンベルグ店主) プロフェッショナル 仕事の流儀

スポンサーリンク

新百合ヶ丘駅から徒歩15分、住宅街の中にある

メルヘンチックな佇まいの建物。

30年以上愛され続けている洋菓子店

「ウィーン菓子工房 リリエンベルグ」です。

行列の絶えない、この店の店主、

洋菓子職人 横溝春雄さんを紹介します。

 

スポンサーリンク

横溝春雄さんのプロフィール

 

横溝春雄さんは、埼玉県出身。1948年生まれ。

 

実家がパン屋で、両親がパンやお菓子を

作る姿を見て育ちました。

自然と自分も食べ物を作る仕事に就きたいと

思うようになったといいます。

 

横溝春雄さんは、四人兄弟の三男です。

長男は実家のパン屋を継ぎ、次男はケーキ屋、

四男はパン屋をやっています。

 

両親の影響でしょうか。

四人兄弟、それぞれ店を持ち、食べ物を作る

仕事をしています。

 

スポンサーリンク

洋菓子職人への道

1966年、高校を卒業した横溝春雄さんは、

東京 神田の洋菓子店 エスワイルに就職しました。

5年間修業した後、ドイツに渡りました。

 

当初は フランスへ行く予定でしたが、

スイス・ドイツ語圏のビザしか取得できず、

ドイツに行くことになったといいます。

 

ジュネーブの「ホテル デ ベルグ」で働きながら、

修業先を探していたとき、

コックからウィーンの老舗洋菓子店「デメル」の

話を聞き、願書を提出しました。

結果は、日本人初の採用。

横溝春雄さんは、「デメル」で修業を始めます。

もともと、オーストリア ハンガリー帝国・王室御用達の

菓子を作っていた「デメル」。

 

高品質の材料を使った、ザッハトルテやシュトーレン

などのウィーンの素朴な菓子が有名です。

 

レシピはシンプルなものが多いようですが、

職人達の技術は、ウィーンの菓子店の中で、

最も洗練されていると評判です。

 

横溝春雄さんは、ウィーンの菓子は田舎っぽい

というイメージを持っていたそうです。

しかし、「デメル」で修業するうちに、ウィーンの菓子の

素朴さに魅力を感じるようになったといいます。

 

「リリエンベルグ」のザッハトルテも本場ウィーンの

レシピで作られています。

横溝春雄さんが日本人の口に合うように

仕上げたものです。

横溝春雄さんは、老舗洋菓子店「デメル」で

2年半修業しました。

帰国後、新宿の「中村屋グロリエッテ」のシェフに就任。

 

スポンサーリンク

横溝春雄さんのお店「リリエンベルグ」

「中村屋グロリエッテ」のシェフとして、

11年間務めた横溝春雄さん。

1988年、40歳を機に自分の店「リリエンベルグ」を

オープンさせました。

 

ドイツで習得した洋菓子作りの技術・配合を尊重し、

旬の食材を生かしたケーキや菓子は、

横溝春雄さんの手によって日本人の口にあうものになり、

多くのファンに親しまれています。

 

「ケーキは生き物だから、鮮度にこだわる」という

横溝春雄さん。

 

その信念のとおり、朝焼いたケーキをショーウィンドウに並べ、

その日のうちに販売しているそうです。

 

時間が経つと風味が変わってしまうので、

常に作りたてを提供することにこだわっています。

 

それも、ご自身の店だからできる事なのです。

 

2010年、かわさきマイスター 製菓技術士に認定され、

社団法人 日本洋菓子協会連合会常任理事も務める

横溝春雄さん。

 

70歳を過ぎた現在でも厨房に立ち、

後輩たちの育成にも力を入れています。

 

スポンサーリンク

「リリエンベルグ」のケーキ

「リリエンベルグ」のケーキは、すべて

当日焼き上げたもの。

素材もフレッシュなものにこだわって

作られています。

ロングセラーのザッハトルテのほか、

季節の素材を使ったケーキもあり、訪れる人を飽きさせません。

喫茶コーナーがあるのも、嬉しいですね。

ウィーン菓子工房 リリエンベルグ

【住所】神奈川県川崎市麻生区上麻生 4-18-17

【電話番号】044-966-7511

【営業時間】10:00~18:00

【定休日】火曜日 第1、第3、第5月曜日

【アクセス】小田急線「新百合ヶ丘駅」より15分

【ホームページ】http://www.lilienberg.jp/

 

※定休日以外の休業も時々あるそうなので、

ホームページで確認することをオススメします。

 

 

 

スポンサーリンク