楊原京子の旦那・金児憲史がイケメン?実家は居酒屋で父親がヤバイ?

楊原京子 旦那

スポンサーリンク

楊原京子(やなぎはらきょうこ)さんといえば、パッチギなどの映画やテレビなどで活躍している女優さんですね。

結婚した旦那・金児憲史さんとの現在の暮らしはどうなのでしょうか?

実家は居酒屋でよく父親に怒られていたなどと以前テレビで話していましたね。

楊原京子さんの国籍も一時期話題になっていました。

楊原京子の現在は?実家は居酒屋で母親・父親・国籍の噂をまとめました。

 

スポンサーリンク

楊原京子の旦那・金児憲史がイケメン?

楊原京子さんは2014年に結婚しました。

夫は金児憲史さん。

8年間の交際を経ての結婚でした。

馴れ初めはテレビ朝日系ドラマ『下北サンデーズ』(2007年)というドラマですね。

楊原京子さんはそ実は2度も流産を経験しています。

その後は2020年1月に再び妊娠を発表し、5月に無事出産をしました。

実はこの出産、緊急事態宣言中だったために夫の金児憲史さんの立ち合いが禁止だったそうです。

でも元気な男の子を出産して良かったですね。

 

旦那は金児憲史

2014年に結婚した旦那さんの金児憲史さんは石原軍団の俳優です。

2000年に「オロナミンC 1億人の心をつかむ男 新人発掘オーディション〜21世紀の石原裕次郎を探せ!〜」で、52005人の応募者の中から選ばれました。

テレビドラマや時代劇に出演経験があります。

NHKの大河ドラマも

「功名が辻」(2006年) – 加藤清正 役

「八重の桜」(2013年) – 二階堂衛守 役

と出演しています。身長が188㎝と大きいため、時代劇でも見栄えがしますね。

氏名:金児 憲史 (かねこ のりひと)

生年月日:1978年09月14日

出身地:広島県福山市

身長:188cm

学歴:広島修道大学

特技:乗馬・ピアノ・ギター・空手3段

趣味:野球・読書・映画・音楽鑑賞

結婚6年目で待望の長男が生まれました。

2度の流産を乗り越えた夫婦ですが、幸せになって欲しいですね。

 

スポンサーリンク

楊原京子の実家は居酒屋で父親がヤバイ?

名前:楊原京子(やなぎはら きょうこ)

出身地:奈良県奈良市

生年月日:1982年4月27日

血液型:AB型

身長:160㎝

趣味:一人旅、ドライブ、スキューバダイビング

特技:スペイン語、サルサ、フラダンス、日本舞踊

所属事務所:スタッフ・テン

 

10代の頃からドラマの脇役などでデビューし、グラビア撮影などもこなしました。

バラエティ番組で井筒和幸(映画監督)と2年半ほど共演した事で映画「パッチギ」に出演しました。

2014年結婚後も年に数回のドラマ出演もしています。

 

実家は居酒屋で母親・父親は

楊原京子さんの実家は居酒屋で、小学生から高校1年生くらいまで手伝いをしていました。

中学はほとんど行かず、高校は1年で中退。17歳で単身上京します。

楊原京子は中学はほとんど行ってないので、「小卒です」と表現する事もありますが、高校に行っているので、中学は卒業していますね。

なので、中卒・高校中退が学歴だと思われます。

父親にはよく暴力を振るわれたとテレビ番組で話していました。

現在は父親は亡くなっていて、母親は存命です。

母親の誕生日に一緒に散歩をしたとブログに綴っています。

子供の頃から大好きだった母の手も、年相応にシワも入りでもやっぱり柔らかくて優しい手。

 

国籍の噂

楊原京子さんには国籍の噂があります。

韓国人とか、親が韓国人とかですね。

別に韓国人でも問題は有りませんが、実際はどうなのか調べました。

すると、楊原京子(現在は金児京子)さんは本名で韓国人ではありませんでした。

なぜ韓国人のイメージがあるかというと、映画「パッチギ」の役柄ですね。

「パッチギ」内では、高岡蒼佑さん演じる韓国人・アンソンの彼女役を演じていました。

この事から韓国人では?との噂が広まったようですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

楊原京子さんの現在の様子や、実家の居酒屋や母親・父親・国籍の噂を紹介しました。

楊原京子さんは5月2日に無事男の子を出産しています。

コロナウィルスの影響で、立会出産が出来ない状況なのですね。

楊原京子さんの国籍の噂も調べましたが、韓国人というのは噂だけのようです。

映画「パッチギ」で韓国人の彼女役から想像されたものでしょう。

お子さんも生まれて幸せの絶頂の楊原京子さんと金児憲史さんを応援します!

以上、楊原京子の旦那・金児憲史とは?実家は居酒屋で父親がヤバイ?の記事でした。