新社会人の心構えって!?どんなことに気をつければいいの?

スポンサーリンク

学生から社会人への第一歩は、人生の中でも大きな変化と言えるでしょう。

社会に出ると、組織の一員として、責任ある行動が求められるようになります。

入社早々、恥をかくことのないよう、気を引き締めていきたいものです。

スポンサーリンク

どんなことに気をつければいいの?

 

法律や条例などの規則を守ることは、言うまでもなく当然のことです。

 

他者に迷惑をかけないというのも最低限のルールと言えるでしょう。

 

上司や同僚だけでなく、取引先やお客様からも信頼を得られるような立ち振る舞いをしなければなりません。

 

では、どのようなことに気をつければいいのでしょう。

 

1.時間厳守

信頼関係を築くうえで、遅刻や無断欠勤厳禁です。

日本では、とくに厳しく見られるポイントなので、気をつけましょう。

出社時間や会議の開始時間、取引先への訪問時間など、時間を守らなければならないシーンは多々あります。

時間に余裕を持って行動しましょう。

もし、どうしても遅れてしまう場合は、必ず前もって連絡をいれて、お詫びし、到着できる時間を伝えます。

 

2.身だしなみ

清潔感のある髪型や服装が基本です。

女性の場合、メイクも必要でしょう。

あまり派手すぎると悪目立ちしてしまいます。

印象が悪くなるので、気をつけましょう。

 

3.言葉づかい

挨拶や受け答えは、ハッキリと

相手に聞こえなければ意味がありません。

丁寧な言葉づかいを心がけ、相手によって、適切な敬語を使いましょう。

若者言葉は、年輩の人に不評です。

ビジネスシーンでは封印しておいたほうが良いでしょう。

 

 

4.体調管理

普段からの体調管理が大切です。

ベストコンディションで出勤できるようにしておきましょう。

欠勤しないことも、もちろん大事ですが、咳や熱のあるときは、周囲の人に移さない配慮も必要です。

 

この4つは、とくに気をつけたいことです。

 

社会という人と人との関わりの中で、他者に迷惑をかけたり不快感を与えたりしないための配慮は、常に必要です。

 

社外の人と接するときは、自分の言動ひとつで組織のイメージを左右してしまうこともあるのです。

スポンサーリンク

社会人としての心構え

 

社会人として、意識しておくべき点は、いくつかあります。

 

まず、労働の対価として給料が支払われていることを意識して業務に取り組みましょう。

 

与えられた仕事に責任を持ち誠実に遂行することが基本です。

 

組織の一員として、立場や役割を理解し、自分になにが求められているのか考えて行動できるといいですね。

 

そして、周囲とのコミュニケーションも大切です。

 

社会では、よく「ほう・れん・そう」と言います。

報告・連絡・相談 は、業務を円滑に進めるために必要なコミュニケーションです。

 

業務の進行状況の報告や情報の共有をしておけば、相談もしやすくなります。

 

コミュニケーションは必要ですが勤務時間中の無駄話は、ほどほどにしておきましょう。

 

勤務時間中に私物のスマートフォンを操作しすぎるのも良くありません。

マナーモードの設定にして、しまっておくのがベターです。

 

また、新人は仕事を覚えようとする姿勢も大切です。

わからないことは質問し、メモをとるなどして、前向きに取り組みましょう。

スポンサーリンク

まとめ

社会人として、どんなことに気をつければいいか、社会人としての心構えなど、まとめてみました。

始めのうちは、慣れないことも多く、仕事も一人前にできるわけではありません。

それでも、社会の一員として、意識を持って行動することが大切です。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク