アロマ式加湿器がまさかスメルハラスメントに・・・注意が必要です

スポンサーリンク

冬場になると、自宅でも職場でも加湿器は大活躍していると思います。

「湿度が20%以下になっているから加湿器をつけよう!」と言われたら、

たいていの人は賛成することでしょう。

ところが、このとても便利なはずの加湿器がスメルハラスメントになってしまうというのです。

いったいどういうことなのでしょうか。

夏よりも冬の時期に多いスメル(におい)ハラスメント、

におい問題はどんなことが起こっているのでしょう。

この記事では、加湿器のにおい問題、スメルハラスメントについて解説していきます。

スポンサーリンク

加湿器の多様化・小型化

スメルハラスメント

加湿器は時代とともに、どんどん便利になり機種や大きさも多様に渡って発売、販売されています。

加湿専用としては、1926年にアメリカ・ニューヨーク州で誕生したのが始まりです。

 

電気加湿器の『米国カズ社』を創立し、世界最大のメーカーとして『米国カズ社』は安心のブランドです。

日本でもメーカー各社から加湿器が発売されています。

 

◇スチーム式‥ヒーターで水を沸騰させて蒸気で加湿する方式です。

【メリット】
煮沸により水は殺菌処理される加湿スピードが早い。
室温が下がりにくく、お手入れが楽です。

【デメリット】
消費電力が高いので電気代が心配。吹き出し口が熱くなるので火傷に注意。

 

◇超音波式‥水を振動させ細かいミストにして加湿する方式です。

【メリット】
消費電力が低い。おしゃれなデザインが多く、アロマ機能つきのものあります。
小型化でき卓上用モデルあるので女性に人気。

【デメリット】
タンク内の水に雑菌が繁殖しやすく、こまめなお手入れが必要。
周囲に結露が発生しやすい、カビの原因にもなります。

 

◇気化式‥水を含ませたフィルターに風を当てて加湿する方式です。

【メリット】
消費電力が低く電気代が安心。
水が熱くならないので安全。空気中に必要な量だけ気化させます。

【デメリット】
吹き出し口から冷気が出るため近くにいると寒く感じる。
定期的にフィルター交換が必要。
お手入れを怠るとカビが発生します。

◇ハイブリッド式

ハイブリッド式は、
温風気化式はヒーターで温めた風を、水を含ませたフィルターに当てて加湿するタイプ。

【メリット】
温風を利用するため気化式よりも効率よく加湿できる。
普段は冷風、加湿性を高めたいときは温風を出せる。

 

加熱超音波式

ヒーターで温めた水を振動させ細かいミストにして加湿するタイプの二種類あります。

【メリット】
ヒーターで加熱するため雑菌が繁殖しにくいので使いやすい。

【デメリット】
温風気化式、加熱超音波式ともに
ヒーターを使うので、気化式・超音波方式の単体よりも消費電力は高くなる。
定期的なフィルター交換が必要。

 

加湿器の大きさも床に置くものから卓上までさまざまで、卓上のものは、小さくて便利です。
好きなアロマなどを入れて使えるので女性に人気ですね。

スポンサーリンク

アロマ式加湿器

スメルハラスメント

卓上加湿器はアロマが使えるものも多いですが、

卓上加湿器にアロマ仕様のもの、

アロマを使ってもよい加湿器なのか確認してから使いましょう。

 

アロマが使える加湿器は、アロマオイルを垂らすことができる受け皿が最初からついているかと思います。

一般的な加湿器には、アロマオイルを垂らすお皿がありませんので使ってはいけません。

使うとなれば、加湿器のタンクに水を入れ、

その中にアロマオイルを溶かすことを考えるかと思いますが、その使い方は絶対やめましょう。

 

基本的に加湿器のタンクは水道水のみ使用です。

浄水も入れると消毒の成分が抜かれているため水が腐ってしまいます。

アロマオイルをタンクに入れると雑菌やカビの温床のもとです。加湿器の故障の原因にもなります。

アロマが使える加湿器でも隣同士が近い卓上で使うと、

そのアロマの成分が苦手な人は咳き込みや、

吐き気などを訴える人も出てくるので周りに注意して使いたいですね。

 

スポンサーリンク

スメルハラスメントとは

スメルハラスメント

スメルハラスメント(スメハラ)とは、口臭や香水・アロマ加湿器などのにおい、

きつい柔軟剤の匂いなどによって起こるハラスメントのことです。

 

スメハラは、本人は気付きにくいので伝え方によっては相手を傷つけてしまったり

反感を買ったりすることもあります。

 

相手になかなか言えないのでハラスメントとして深刻化しやすい問題です。

本人自身もアロマ加湿器などの場合はスメルハラスメントと思っていません。

 

苦手なにおいを避けるため物理的な距離を置き始めることもあり、

「避けられている」と勘違いしやすくなります。

近年増えている問題で、深刻化してしまうこともあります。

 

日本人は、においに敏感な人種だと言われますね。

夏の時期は汗などのにおいに気をつける人が大半なのに比べて、

冬は汗をあまりかかないからと自分のにおいに関して気にする人が少なくなります。

 

筆者もアロマの卓上加湿器で良かろうと思って使っていたら、

隣の人がそのにおいを我慢をしていたということがあります。

 

癒すつもりが苦痛を与えていたと思うと反省しきりでした。

みなさんもスメルハラスメントに気をつけましょう。

スポンサーリンク