生見愛瑠のメイク方法のポイントは?メイク道具やコスメも紹介

めるる メイク方法 メイク道具 コスメ

スポンサーリンク

生見愛瑠(めるる)のメイク方法のポイントは?メイク道具やコスメも紹介介します。

めるること、生見愛瑠さんはモデルやタレントとして中高生に大人気です。

お顔が可愛いのはもちろん、背が高く、手足もスラッと細長くてスタイル抜群。

そんな生見さんに憧れ、メイクやファッションを真似したいと言う人が多いそうです。

この記事では生見さんのメイク方法、本人オススメのコスメをご紹介します。

 

スポンサーリンク

生見愛瑠(めるる)のメイク方法のポイントは?

 

まずはスキンケアをしっかり

生見さんは肌がとても綺麗です。

まだ年齢的にとても若いということもありますが、スキンケアに力を入れており、綺麗な肌を保っているそう。

実は生見さんはかなりの敏感肌で荒れやすく、ニキビもよくできてしまうとのこと。

肌が荒れているところを見たことがないので、意外ですね。

きっと食事や運動、そしてスキンケアをしっかりとして肌の健康を保っているのでしょう。

自分の肌に合わないスキンケアグッズを使うと、肌がピリピリと痛くなるそう。

なので、皮膚科で教えてもらった敏感肌に優しい『NOV』の商品をライン使い。

ドラッグストアにも売っており、値段も優しいのでバシャバシャと使えます。

乾燥したり、肌の状態が悪いと化粧ノリも悪くなるので、常に保湿を心がけているとのこと。

では、しっかりと保湿をした上でメイクをしていきましょう。

 

メイク方法は?

下地を塗る

顔の色と首の色が合うようにちゃんと量を調節。

少しずつ、おでこ、目の下(左右)、鼻、鼻の下、顎にちょんちょんと置き、伸ばします。

手で肌に叩きこむように塗ると、しっかりと密着するとのこと。

 

ファンデーションを塗る

これも下地と同じで、顔の色と首の色が合うように色と量を調節。

これは手で塗るのではなく、スポンジを使ってポンポンと叩きこむように塗ります。

 

パウダーをはたく

時間が経つとテカってしまう部分や鼻、小鼻、顎、目の下にはたきます。

目の下は塗りすぎると乾燥するので、軽く、少しだけ。

このパプはちゃんと洗って、いつも清潔な状態にしているそう。

 

これでベースは完成ですが、もし気になるところがあれば、コンシーラーも使います。

 

コンシーラー

クマがコンプレックスだそうで、コンシーラーでしっかりと隠します。

ポイントは伸ばすのではなく、これもポンポンと軽く叩きこむこと。

鼻の赤い所やニキビ跡など、気になる所にポンポン。

ポイントは1回で隠そうとはせずに、2回3回と少しずつ分けて塗ること。

そうした方が濃さの調整もできるので良いようです。

 

眉毛を描く

生見さんにとって眉毛はとても大切なパーツ。

ナチュラルな眉毛が好きで、あまり描かずに自分の眉毛を大事にしつつ、形を整えます。

ポイントは髪の色と眉毛の色のバランスをちゃんと考えることだそう。

 

アイシャドウを塗る

アイシャドウは服装や気分によって毎日変えているとのこと。

ここではブラウンのアイシャドウでご説明します。

昔はアイシャドウのベースを塗ってから、アイシャドウを塗っていました。

しかし、今(2020年)はもうベースなしで直接アイシャドウを塗っています。

ブラウンを二重幅からはみ出しすぎないぐらいに広げます。

そして、同じブラウンを目尻から黒目の始めりぐらいまで塗ります。

ポイントは濃く塗らず、薄く塗ること。

目頭まで塗ると、いかにもメイクしました顔になるので、意識して塗るのは目尻付近だけ。

そして、この時使うブラシは分厚いものだそう。

細めのブラシで塗ると、生見さんが言うにはキツイ目になってしまうとのこと。

生見さんはいかにもメイクしました顔は絶対に嫌で、ナチュラルに仕上げたいそうです。

次は、目頭にラメを置きます。

目頭から黒目の終わりぐらいまで、同じブラシでふわっと軽く。

目頭にラメを塗ると、涙袋がぷっくり見えて大好きだとのこと。

 

普段の生活メイクはここで終わり。

 

撮影時のメイクは?

めるる メイク方法 メイク道具 コスメ

撮影や盛りたい時はここからもう1つプラスします。

 

アイシャドウを加える

派手めのラメをさっきと同じ目頭から黒目の終わりまで塗ります。

すると、さらに目元がキラキラして、涙袋がぷっくり見えます。

写真を撮る時はかなりオススメだそう。

 

アイラインを入れる

自分の目のラインに沿って、スッと細く引きます。

生見さんは目尻にだけかなり細く引くそう。

 

マスカラ下地を塗る

マスカラ下地を塗ると、カールが持続するので必ず塗ります。

マスカラは上のまつ毛だけにして、下まつ毛には塗りません。

でも、下地だけは毛流れを整えるために上まつ毛にも下まつ毛にも塗るそう。

 

マスカラを塗る

マスカラたっぷりのバサバサまつ毛よりもナチュラルなまつ毛が好きなので、つけすぎないようにします。

そして、マスカラを塗ったら、ちゃんとまつ毛コームで整えます。

その後、ホットビューラーを使ってカールをキープ。

 

チークを入れる

笑った時に1番頬が高くなる位置に、優しくポンポンと塗ります。

 

ハイライトを入れる

頬骨の上、鼻筋にポンポンと薄くのせ、スポンジで伸ばします。

もしスポンジがなければ、手で伸ばしても大丈夫です。

 

最後にリップ

アイシャドウと同じで、リップも気分によって使い分けているとのこと。

唇に色をのせて、最後は指でポンポンと伸ばしてぼかします。

1つで済ますこともあれば、2つ使って色を作ることもあります。

 

これでめるるのメイクは完成です。

 

>>めるるが嫌いなアンチの理由は?

 

スポンサーリンク

めるるのメイク道具やコスメも紹介

 

生見さんはプチプラもデパコスも両方使います。

大切なのは値段ではなく、自分の肌や雰囲気、その日のファッションに合うかどうかです。

さまざまな商品を試して、本当に自分に合うものを見つけ、それを気分によって使い分けるそう。

ちなみに、ベースメイクで使う下地、ファンデーション、パウダーはいつも同じブランドで統一しているとのこと。

 

・化粧下地

Amplitudeのクリアカバーリキッドベース

 

・ファンデーション

Amplitudeのロングラスティングリキッドファンデーション20

 

・パウダー

Amplitudeのフィニッシュルースパウダー01 トランスルーセントライトベージュ

 

・コンシーラー

The SAEMのカバーパーフェクション チップコンシーラー1.5 ナチュラルベージュ

 

・アイブロウ

Witch’s Pouchのパウダーマジックアイブローブラッシュ01 キャラメルブラウン

 

・眉マスカラ

KATEの3DアイブロウカラーBR-1 ナチュラルブラウン

 

・アイシャドウ

LABIOTTEのモメンティークタイムシャドウ 3:00 o’clock

 

・アイシャドウ

Witch’s Pouchのウィッチズフィットスティックシャドウ ♯05 GOLD

 

・メイクブラシ

FLALIA

 

・アイライナー

ヒロインメイクのスムースリキッドアイライナー スーパーキープ03 ブラウンブラック

 

・マスカラ下地

エレガンスのカールラッシュフィクサー

 

・マスカラ

DHCのボリュームマスカラEX ブラック

 

・チーク

Witch’s Pouchのクッションブラッシャー ♯01 PEACH PINK

 

・チーク

Witch’s Pouchのクッションブラッシャー ♯02 SWEET ORANGE

(リップをオレンジにする時にはチークもオレンジで合わせる)

 

・ハイライト

Witch’s Pouchのリキッドハイライター ♯01 PINK

 

・リップ

L’Oréal Parisのルージュシグネチャー130 サンセットブラウン

 

・リップ

Witch’s Pouchのポポリップスティックゴールド ♯03 FLAMINGO LADY

 

・リップ

Diorのアディクトリップグロウオイル012 ローズウッド

 

スポンサーリンク

まとめ

モデルでタレントの生見愛瑠さんはメイクが大好きで、コスメもたくさん持っています。

その日の気分に合わせてコスメや色を使い分けているそう。

ベースにしても、マスカラやリップにしても、大切なのは自然でナチュラルな仕上がり。

ずっとお気に入りで大好きなコスメはWitch’s Pouchのリキッドハイライター。

プチプラもデパコスも何でも試して、お気に入りの色や自分に似合う色を常に探しているとのこと。

また、生見さんはSNSや動画でメイク術をわかりやすく紹介しているので、とても参考になると評判です。

以上、生見愛瑠のメイク道具やコスメは?メイク方法のポイントも紹介の記事でした。