【画像】栗原類ドラマ「正しいロックバンドの作り方」オギノ役がカッコイイと話題!

スポンサーリンク

4月20日放送スタートのドラマ「正しいロックバンドの作り方」に栗原類さんが出演します。

映画やドラマに出るたびに、個性的な役どころで視聴者を楽しませてくれている栗原類さん。

「正しいロックバンドの作り方」では、どんな演技を見せてくれるのでしょうか。

スポンサーリンク

俳優としての栗原類

5歳のときから、モデルとして活動してきた栗原類さん。

栗原類さんの原点は、モデルです。

 

モデルから俳優になった俳優さんは、阿部寛さん、反町隆史さん、織田裕二さん、速水もこみちさん、斎藤工さん、など大勢います。

栗原類さんもそのひとりで、パリコレに出演経験もあるプロのモデルです。

 

「ネガティブすぎる美形モデル」と言われブレイクして、バラエティー番組の出演の多い時期もありました。

独特の雰囲気と受け答えが面白いと話題になっていました。

しかし、最近はバラエティー番組の出演がなく、テレビでの露出は減ったように思われます。

 

栗原類さんは、2015年に自身が発達障害であることを公表しました。

おもに、他人に合わせるのが苦手、物事や行動にこだわりがある、大きな音や声が苦手、物忘れが多い、などの症状をかかえているそうです。

そのような症状をかかえながら、モデルや芸能活動を続けてこられた栗原類さん。

苦労話などすることはありませんが、人知れず苦労や努力をされてきたのではないでしょうか。

 

栗原類さんが発達障害であることを公表してから、バラエティー番組の出演はなくなりました。

障害を持った人を笑いの種にしてはいけないという、テレビ局側の配慮が働いたのかもしれません。

しかし、栗原類さんは当時、

「僕の個性が人を笑わせられるほど面白いのであれば、コメディ俳優を目指している僕にとっては本望です」

と言っていました。

 

バラエティー番組の出演はなくなりましたが、栗原類さんの持つ独特の雰囲気は映画やドラマの中で存在感を発揮しています。

 

2013年 映画「男子高校生の日常」細野役

2014年 映画「黒執事」葬式屋ジェイ役

2016年 ドラマ「彼岸島 Love is over」雅役

2018年「魔法戦士マジマジョピュアーズ」ムリ太郎役

2019年 ドラマ「ルパンの娘」三雲渉役

 

栗原類さんの演じる役は、美形でミステリアスで、栗原類さんにしか出せない雰囲気のいわゆるハマリ役が多いと言われています。

近年、栗原類さん自身も俳優業に力を入れて活動しています。

時間があれば、舞台を見に行ったり、演技の勉強をしたりしているそうで、演劇関係者からの評価も上がってきています。

舞台「未練の幽霊と怪物」、映画「とんかつDJあげ太郎」の出演も決まっています。

スポンサーリンク

「正しいロックバンドの作り方」のオギノ役 栗原類

「正しいロックバンドの作り方」では、主人公 シズマのバンド「悲しみの向こう側」のメンバーで、メインキャストに抜擢されています。

 

リーダー・ギター兼ボーカル担当 シズマ(ジャニーズWEST 藤井流星)

ドラム担当 テツ(ジャニーズWEST神山智洋)

ベース担当 オギノ(栗原類)

パーカッション担当 コバ (吉田健吾)

バンド「悲しみの向こう側」の4人がロックフェスティバル出場の夢を追いかけ、成長してゆくコメディードラマです。

同年代の男子4人のやりとりが面白く表現されています。

物静かなイメージの栗原類さんですが、共演者は「4人の中で類くんが一番しゃべる」と言っています。

意外ですね。

栗原類さん自身も「撮影が楽しい」と言っていて、共演者やスタッフと打ち解けていて、リラックスして撮影に臨んでいるようです。

また、新しい栗原類さんの一面が見られそうですね。

初回では、こんな衝撃的なメイク姿も披露しています。

なんでも似合ってしまうのが、栗原類さんのスゴイところです。

スポンサーリンク

栗原類のプロフィール

名前:栗原 類 (くりはら るい)

別名:Louis Kurihara

生年月日:1994年12月6日

出身地:東京都

血液型:O型

身長:180㎝

 

イギリス人の父と日本人の母のハーフです。

母は、翻訳家の栗原泉さん。

6歳から11歳までニューヨークで育ちました。

英語も堪能です。

スポンサーリンク

【画像】栗原類ドラマ「正しいロックバンドの作り方」オギノ役がカッコイイと話題!まとめ

モデルだけでなく、俳優としての活動にも力を入れている栗原類さん。

多くの作品に出演して視聴者を楽しませてきました。

ミステリアスで中性的な魅力を持つ栗原類さんは、映画やドラマの中でも存在感を発揮しています。

画像とともに振り返ってみました。

新しくスタートしたドラマ「正しいロックバンドの作り方」では、バンド「悲しみの向こう側」のメンバー、ベース担当のオギノ役を演じています。

今後の放送も楽しみですね。

スポンサーリンク