かじるバターアイスの原材料やカロリーを調査!口コミも紹介!

スポンサーリンク

2021年2月22日に発売された赤城乳業のかじるバターアイスが話題になっていますね。

実際、とても人気でコンビニエンスストアなどで売り切れになっていることもあるようです。

もちろん、おいしいので人気になっていることは間違いないのでしょうが、原材料やカロリーが気になりますね。

今回は、かじるバターアイスの原材料やカロリーを調査!口コミや感想も紹介!ということで、原材料やカロリーを調査しました。

かじるバターアイスを食べた人の口コミや感想なども紹介させていただきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

 

スポンサーリンク

かじるバターアイスの原材料やカロリーを調査!

 

赤城乳業はアイスキャンディーのガリガリ君で有名な会社ですが、今回発売された かじるバターアイスはガリガリ君とは違ったタイプのアイスキャンディーです。

北海道産の発酵バターが使用されていて、バター特有の風味を感じられるアイスキャンディーということで、今まで無かったタイプのアイスキャンディーなんですね。

お味のほうは、「バターの風味にほんのりした甘さと歯ごたえがおいしい!」「懐かしい味」と評判になっています。

実際、とても人気でコンビニエンスストアなどで売り切れになっていることもあるほどです。

気になる原材料をパッケージで確認してみました。

原材料は、乳製品(国内製造)、砂糖、バター加工品、果糖加工品、食塩、リキュール/安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、香料、着色料(カロチノイド)、(一部に乳成分を含む)。

バター加工品というのが、北海道産発酵バターです。

どのくらいの割合で配合されているのかは発表されていないのでわかりませんが、企業秘密のようですね。

バターというと高カロリーなイメージですが、かじるバターアイスは 1本 75mlという容量で 140キロカロリーです。

同じ赤城乳業のアイスキャンディー ガリガリ君ソーダ味は 1本 105ml という容量で 64キロカロリー。

ガリガリ君ソーダ味と比べるとカロリーがやや高めのようですね。

一般的なアイスクリームのカロリーは 100グラムあたり 180キロカロリーと言われているので、アイスクリームと比べると、それほど高い値ではありません。

ダイエット中のご褒美に食べる人もいるようです。

普通にスイーツを食べると絶対に 140キロカロリーでは済みませんよね。

バターの風味で満足感も得られて、140キロカロリーなら全然アリですよ。

 

スポンサーリンク

口コミも紹介!

やはり一番目立つ感想は、バターの風味ですね。

かじるバターアイス というネーミングのとおり、バターを感じられるところが消費者にウケているようです。

「ほんのりした甘さがちょうどいい」「少し塩気があるのもいい」という声もありました。

甘さと塩気のバランスが良いのも人気の秘密なのかもしれません。

食べたことのないかたは、ぜひ一度食べて見てください。

売り切れなどで入手しづらいという声もありましたが、みなさんのお近くのコンビニエンスストアやスーパーなどではいかがですか。

アイス入荷の曜日や時間は店舗によって異なりますが、店員さんに問い合わせれば教えてもらえるので、その時間に行けば意外と簡単に買えたりします。

新しい味との遭遇は、人間の楽しみのひとつです。

口コミが良かったりすると期待感が高まってしまいますね。

かじるバターアイスのおいしい食べ方・変わった食べ方を紹介!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、かじるバターアイスの原材料やカロリーを調査!口コミや感想も紹介!ということで、原材料やカロリーを調査しました。

かじるバターアイスは 1本 75mlという容量で 140キロカロリーということがわかりました。

ダイエット中でも安心して食べられますね。

かじるバターアイスを食べた人の口コミや感想なども紹介させていただきましたが、いかがでしたか。

また、気になる商品などありましたら、記事にさせていただきます。