母の日手紙の書き方 中学生・高校生の場合、品物よりも心のこもった手紙が嬉しい!

スポンサーリンク

毎年5月にある母の日。

中学生・高校生になると、お母さんに面と向かって感謝の気持ちを伝えるのが恥ずかしい

という人も増えてきます。

面と向かって伝えるのは恥ずかしい人も、母の日の手紙でなら素直に気持ちを伝えられるかもしれません。

そこで今回は、中学生・高校生の母の日の手紙の書き方についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

母の日手紙の書き方 母の日に何渡す?花やプレゼント品は

 

中学生・高校生は自分で使えるお金があまりないため、

母の日のプレゼントといっても高額なものは購入できません。

まずは、中学生・高校生がどのようなものを母の日にプレゼントしているのか、みてみましょう。

 

中学生に人気の母の日のプレゼント

中学生のお小遣いを考えると、母の日のプレゼント予算は500~2000円が一般的といえます。

500円だと何も買えない!と思うかもしれませんが、

お母さんはプレゼントの金額よりも「プレゼントをくれた」ということに感動してくれます。

むしろ、中学生であまりにも高額なプレゼントを送ると不安になってしまいます。

 

中学生に人気の母の日のプレゼントは、以下の通りです。

 

・ほぼ0円…手紙、お母さんのお手伝い、手作りアクセサリー

・500円前後…1本のカーネーション、カットケーキ

・~2000円…ハンカチ、マグカップ、エプロン、エコバッグ

 

無理をして高額なプレゼントを買うよりも、

感謝の気持ちが伝わるもののほうがお母さんは喜んでくれるかもしれませんね。

 

高校生に人気の母の日のプレゼント

高校生になるとお小遣いがアップ、

アルバイト代で少し高めのプレゼントにも手が届くようになります。

 

高校生の母の日のプレゼント予算は、500~5000円が一般的です。

ただし、学校によってはアルバイト禁止のところもあるので

予算的には中学生の頃とそれほど変わらず、2000~3000円が上限といったところでしょうか。

 

高校生に人気の予算別で人気な母の日のプレゼントは、以下の通りです。

・ほぼ0円…手紙、家事手伝い、自分で食事を作る

・500~1000円…花、ハンカチ、ハンドクリーム

・1000~2000円…ストール、スイーツ、美容・健康用品

 

高校生にもなると、感謝の気持ちを伝えたくてもつい憎まれ口をたたいてしまう、

という方も多いかもしれません。

日ごろ、素直に感謝の気持ちを伝えられない人は母の日を利用して、

素直な気持ちを伝えてみるのもよいでしょう。

スポンサーリンク

母の日の手紙の例文・中学生

 

いざ、母の日に手紙を書こうと思っても何を書けばいいか悩んでしまう…、

という中学生の方に母の日の手紙を書くときのポイントや、例文をご紹介していきます。

 

中学生が母の日の手紙を書くときのポイント

母の日に手紙を書くときは、以下のことを意識して書くようにしましょう。

 

1.必ず手書き・自分の言葉で書く

手紙を書くときに文章だけでは寂しいからと、

パソコンでフリー素材のイラストを印刷して利用するのは構いません。

しかし、文章までパソコンで書いてしまうと同じ内容でも気持ちが伝わりにくくなってしまいます。

 

また、何を書けばいいのか分からないからと、

テンプレートの内容をそのまま書き写すのも味気がないもの。

母の日の手紙は、手書きで自分の言葉を使って書いていくのが1番ですね。

 

2.感謝の気持ちを素直に伝える

手紙には、「お母さん、いつもありがとう」といった感謝の気持ちを書きましょう。

 

面と向かって言うのが恥ずかしい人でも、手紙でなら素直に伝えることができるはずです。

 

3.具体的に感謝していることを書く

感謝の言葉だけでもお母さんは十分嬉しいですが、

具体的に感謝している内容を伝えるとさらに気持ちが伝わりやすくなります。

 

例えば、

・毎日作ってくれるお弁当

・お母さんの料理で自分の大好物の食べ物を食べているとき

・一緒に旅行にいった思い出

といったように、あなたとお母さんだけの思い出エピソードを加えてみましょう。

 

母の日の手紙の例文・中学生

ここからは、中学生向けの母の日の手紙の例文をご紹介していきます。

 

(例文1)

お母さん、いつも早起きしてお弁当作ってくれてありがとう。

友だちから「いつも美味しそうなお弁当だね」って言われて、自慢に思っているよ。

これからは、たまに手伝えるようにするね。

 

(例文2)

早起きが苦手な自分をいつも起こしてくれて、本当にありがとう。

これからはお母さんに起こしてもらわなくても起きられるよう、頑張ってみるよ。

でも少し不安だから、まだみまもってください。

 

(例文3)

 

お母さん、いつもありがとう。

お母さんが好きな花を贈ります。

あんまり、無理しないようにね。

 

母の日手紙

 

スポンサーリンク

母の日の手紙の例文・高校生

思春期真っただ中の高校生は、中学生以上に素直に気持ちを伝えるのが恥ずかしいという人も多いはずです。

母の日では、日ごろ言いたくても言えない気持ちを伝えましょう。

 

高校生が母の日の手紙を書くときのポイント

高校生が母の日に手紙を書くときのポイントは、以下の通りです。

 

1.恥ずかしいと思わずに、感謝の気持ちを伝える

感謝の気持ちを言うのが恥ずかしい、と素直になれない人でも

母の日は思い切って今までの感謝の気持ちを伝えたいものです。

 

いつも素直になれないあなたの言葉だからこそ、

お母さんの感動も倍になること間違いなしですよ。

 

2.小さな頃の思い出を交えるとなおベスト

高校生は大人になる一歩手前の段階です。

そんなときだからこそ、あなたが小さかった頃の思い出のエピソードを思い出してみましょう。

 

お母さんだけでなく、自分自身も思い出を振り返ることで

懐かしく忘れていた気持ちを思い出すかもしれません。

 

母の日の手紙の例文・高校生

ここからは、高校生向けの母の日の手紙の例文をご紹介していきます。

 

(例文1)

 

私が学校に行くのがつらくなった時、一緒に泣いて支えてくれて本当にありがとう。

たくさん心配かけてごめんね。

ゆっくり成長していくから、これからも変わらず見守ってくれると嬉しいな。

 

お母さん、いつもありがとう。

 

(例文2)

 

志望校で学校の先生に「無理だ」って言われたけど、

お母さんは最後まで「信じてるから好きなところを受けておいで」って言ってくれたね。

あの言葉で不安が吹っ切れて、志望校に合格できました。

 

信じてくれた分、がんばって勉強するからそばで見ててね。

 

 

 

小さい頃はなんでもお母さんに話せていたのに、

大きくなるにつれだんだんと自分の気持ちを伝えるのが恥ずかしくなってきた。

そんなときだからこそ、母の日は自分の気持ちをお母さんに伝えるチャンスでもあります。

 

手紙を直接渡すのが恥ずかしい人は、そっとテーブルに置いておく・あえて郵送で送る

という方法もあります。

自分が1番、伝えやすいと思う方法でお母さんに感謝の気持ちを伝えたいですね。

 

母の日にサプライズしたい!中学生、高校生ができるサプライズ6選

2020年1月26日

【母の日のメッセージ】ラインやメールなどの例文を紹介 プレゼントは後から送っても良し

2020年1月25日
母の日 あじさい

母の日にあじさいを送るのはなぜ?母の日人気の花ランキング

2020年1月17日
母の日

娘の3割は母の日に何もしない?そもそも母の日の由来は

2020年1月17日
母の日何もしない

母の日に何もしない息子は50%!多い?少ない?なぜ何もしないのか

2020年1月14日

母の日の料理の定番と言えば 母の日の料理はどうする?

2020年1月29日

 

 

スポンサーリンク